多重債務者向け借金返済方法

多重債務者とは、複数の金融機関から借金をしている方をさします。多重債務者の典型的パターンは、ある一つの消費者金融などからキャッシングなどで借金し、返済が間に合わず、また、ほかの消費者金融から借金を重ねて返済するなど、自転車操業状態に陥っている傾向が強いです。

月曜日~日曜までは仕事の毎日で、たまに休みがあると羽を伸ばしお金を使ってしまう傾向にあります。そのため、利息の支払いが中心で元本がなかなか減らない状況が続きます。また、借金を簡単に返済する方法などとうたったサイトなどもありますが、
運営者は消費者金融関係者が多く、甘い言葉で再びキャッシングの利用などを促します。

このように多重債務者は、気が付くと正しい返済指導者に巡り合えず、雪だるま式に、借金が膨らんでいきます。なぜ、消費者金融などからキャッシングした借金の返済がなかなか終わらないか、その原因は大きく分けて2つあります。

まず一つは、金利です。金利が年18%前後設定されていることが多く、長期にわたって借りると、利息が積み上がり、返済してもなかなか元本が減らないという仕組みです。そして、もう一つがキャッシングは、上限金額までであれば、債務者が自由に引き出しが可能ということ。上限50万円の枠を持っている場合であれば、50万円まではいつでも借り入れが可能ということ。

つまり、50万円かりて、30万円返せばまた、30万円借りられるということ。そのため、20万円分は常に利息がかかり、年3万6千円は常に利息として払います。このように多重債務者は利息の関係などもしっかりと理解していない状況で、常に借金地獄です。

そこで、おすすめなのが銀行のおまとめローンのようなものです。まず、第一に金利が消費者金融に比べてやすい。そして、キャッシングのように、追加借り入れが自由にできません。無理に毎月高い金額の返済を続けるより、このような返済専用ローンなどを利用し、長期的かつ計画的に返済していくことが、完済への近道です。是非一度、返済専用ローンを扱う銀行へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

カードローンとフリーローンの違い

イオン銀行のカードローンの特徴は、安心の低金利、最大800万円まで借り入れが可能、14時までの申し込みは原則即日回答、300万円までは収入証明書は原則不要、専業主婦、パート、アルバイトでも申し込み可能、イオン銀行の口座を持っていれば最短当日借り入れが可能といったことがあげられます。

しかし300万円までなら収入証明書は原則不要なのですが、法人代表者や個人事業主の場合は収入証明書の提出が必要になってきます。申し込みの際は生年月日など間違いのないように記載しましょう。ローンにはカードローンとフリーローンがありますが、これは全く違うものです。カードローンのメリットは自由に借り入れや返済ができること、デメリットは融資限度額が低く金利が高いということです。

一方フリーローンのメリットは金利が低めに設定されていること、デメリットは審査に3営業日から1週間ほどかかること、繰り上げ返済には手数料がかかるということです。自分に合ったローンを利用するようにしましょう。